内科医が仙台の小児科の医師へ転職する長所と短所

subpage1

内科医が仙台の小児科の医師へ転職すると、仕事内容が似ているので戦力になる、すぐに給料が上昇するなどの長所があります。



小児科と内科の仕事は、主に患者の診察をして容態を知り、処方箋に必要となる薬の名前を書くのが仕事です。

そのため、働く内容が似ていることから、採用直後から第一線で活躍することができます。



そして、働きぶりが真面目で看護師や同僚の医師からの評判も普通な時は、時給を上げてくれます。数ヶ月から半年も働いていれば、新人ではなくなるので、かなり高額な給料を期待して良いです。
短所は風邪をうつされやすい、仙台は冬場は寒い、転職前の顔見知りが患者で来ると気まずいなどです。



子供達は風邪を引いていてもマスクを装着せず、普通に入ってきてクシャミや咳をする場合がほとんどです。


そのため、医師が風邪をうつされてしまうのはよくある話です。常にマスクを装着させておくと対処につながります。


あと、仙台内は冬場になると零度を下回ることがあるので、凍えないように注意です。
防寒着を着込んでカイロをポケットに入れておくと、寒さを感じずに済みます。
その場でスクワットをしたり、何らかの運動をするのも寒さ対策に効果的な良い手法です。
また、転職前の顔見知りが病院に来た時は、患者と医師はそれぞれびっくりすると思われます。


ただ、患者として来ているため雑談は手短にしたほうがいいです。

部署の場所がわからない時は、案内してあげれば喜ばれます。