仙台で工場作業員が農業へ転職する長所と短所とは

subpage1

仙台で工場作業員が農業へ転職すると、ご飯が美味しくなる、やりがいがあるなどが長所です。


初めは技術と知識がないことから、自身で新規就農ではなく、仙台内で活動している農家へ転職し働くと想定されます。


転職後は仙台の自然の中で働くことになるため、健康的になるだけでなく、ご飯が美味しいと感じられるようになります。
おそらくですが、工場で働いていた時よりも沢山食べるようになっているはずです。
農業は身体全体を使って働く機会が多いので、疲れやすいことから、自然と食欲が湧いてくるので納得ができる話です。あと、地域で活動している人達へ、新鮮な果物や野菜を届ける仕事なため、やりがいがある仕事と言えます。

働き始めると地域の人々が、いつも有難うと言ってくれるかもしれません。
短所は腰痛になりやすい、以前の職場より疲れるなどです。

All About情報の豊富さで有名なサイトです。

キャベツやほうれん草を収穫する際は、腰をかがめて行うのが基本です。


そのため、腰をしゃがませる機会が多いことから、腰痛になる場合があります。

腰にバンドを巻いて仕事をすれば、一定の効果があるので必ず巻きましょう。

腰が痛いと感じた時は、夜に湿布を貼って休めば、朝になる頃には痛みがやや緩和されています。

様々な宮城の転職情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

あと、仕事を開始した直後は、疲労困憊になると思われます。
鍬を持って耕したり、重い野菜を出荷させる作業は疲れるので無理もないことです。



仕事に慣れてくれば身体が最適な行動をしてくれるようになるので、疲労をそれほど感じなくなります。